クラウン
1/144 エアープレーン シリーズ



 1/144 エアープレーン シリーズは、クラウン、イッコー、ミツワの3社の共同企画で1973年に始まりました。クラウン、イッコーは大戦機 を12機、ミツワは11機、開発したようです。
 しかし、このシリーズの開発を最後まで頑張ったのはクラウンのみで、イッコーは早々に倒産のため離脱、ミツワは自社開発分11機を 製造後、新製品は出していません。イッコーの製品は一時期クラウンから発売されていましたが現在はマイクロエース(アリイ)から再販 されています。ミツワの製品はパッケージ、価格を何度か変更して製造されていました。永らく製造休止状態が続いていましたが、嬉しい ことに、2001年末頃、\200で再販されました。

 さてクラウンの1/144 エアープレーン シリーズは非常に息の長いシリーズでパッケージ、価格を何度か変更して(はっきりと何回変更 されたか分かりません。)製造され1990年代中頃まで売られていました。現在は金型が海外に渡ったようで海外メーカー数社から発売され ているようです。

 クラウンがラインナップしている飛行機を種類別に分けると以下の5種となります。(クラウン1/144キット同梱のリストもこの5種に 分けています。)

 ・プロペラ機
 ・ジェット戦闘機
 ・双発機
 ・重爆撃機
 ・大型機

 発売当時から謎が多かったクラウン1/144キット。調べれば調べるほど訳が分からなくなる!(笑) 値段、パッケージデザイン、箱の 仕様、シリーズNo.等々、変更の嵐です!
ということで当然、全部把握していません、というか把握できません!私が所持する模型雑誌のバックナンバーも抜けが多く発売時期の 確定がほとんど出来てません。よって、手持ちのキットや人からの情報を元に判明した事について紹介します。(勝手な想像も多いです ・・・。)間違いだらけかと思いますが、とりあえず暫定ページということでご勘弁下さい。 なお、間違いに気付いた人や私の知らない情報を知っている人はメールで教えて頂ければ嬉しいです。 その都度HPを補足&修正しようと思います。
それではよろしくお願いします!


トップへ