RIZCO S-37 ベルクト 

GW中にエリア88シリ-ズのF-18を作った(ちょこっと組み立てただけですが・・・)ので、他にもまだ作っていないの沢山あったぞ、ということで10年以上、仕舞いっ放しだった食玩を引っ張り出した。

すぐ完成しそうな飛行機はどれかなってことで、シークレットだった神崎専用 S-37ベルクトをチョイスしました。

武装が無いので尾翼と脚パーツを取り付ければ完成でお手軽と思ったのですが・・・、

ほぼ唯一とも言える組み立てパーツに不具合発見です!
ダブル前輪の車輪の梁?部分が左右対称では無く、同じパーツが2個となっているのです。そのまま車輪を取り付けると梁の向きが右側と左側で反対となり、変です。タイヤを取り付ける位置も少し後ろ過ぎのように感じます。

ということで、0.5mmの穴を開け、真鍮線で車輪と脚柱を貫通させ、強引に取り付けることにしました。

真鍮線の出ている個所は白で塗装しました。見た目はOKか。。。


で、完成です。

BUILD & PLAY

トーネードを気に入ったので 、勢い余って? BUILD & PLAY シリーズの残りの3点(F-14、ユーロファイター、アパッチ)も興味本位で購入してみました。とは言え、easy kit シリーズのF-14とユーロファイターは持っていたので、その2種のキャノピーと脚パーツの具合の確認とアパッチのデキの確認が購入目的です。・・・GW中、衝動的にポッチったという説もありますが・・・。

F-14

中身はトーネードと同じく、無塗装パーツ、シール、説明書が入っています。主脚(後脚)は実機よりも後ろの位置に取り付けるようになっています。可変翼は固定式です。1/100スケールなら同じレベルからいいキットが発売されていますので(但し脚パーツ無し)、おっさんが購入する意味は無いかなーって感じです。もちろん、商品コンセプト通り、子供が簡単に組み立てて、遊ぶのは有りですね。

ユーロファイター

これもシリーズ同様の構成になっています。主脚の位置も残念ながら実機よりも後ろです。まともに製作しようとすると、この主脚格納穴を埋めなければならないので少し面倒です。また、胴体のパネルの表現が凹となっており、ちょっと変に感じます。しかしながら、1/100スケールのユーロファイターは他には出ていないと思いますので買う価値は有りですね。

アパッチ

キット構成は、上記キットと同様です。こちらについては1/100スケールでいいものが出ていますのでF-14同様、おっさんが買う意味無しです。

TORNADO

前回、レベルの1/100塗装済み組み立てモデルのハリアーを購入し、お手軽だったことから、こんどはトーネードをネット購入してみた。

数日後、妻からプラモデル部品と書いている郵便物が来ているということで袋を開けると↑の写真のものが入っていた。

妻から対象年齢6-12歳というところを見られ、

妻「子供(10歳)に買ってあげたの??」

と、聞かれたが、

自分「いや、、、おっさんのおもちゃ、、、です・・・。」


・・・・・・

と、どうでもいい話はさておき、
てっきり、箱入りだと思っていたので驚きつつ、袋を開けてみたら、・・・、

袋の中身

本当にプラモデルの部品でした!

てっきり、塗装済みだと思っていたのですが、、、。
(ネットの商品説明には塗装済と記載されていました。)

ある意味、本当のプラモデルです。マーキングはデカールではなく、シールですが。。。

でも、パーツをよく見ると、スジボリもハリアーほど、キツクないし、ちょっといいかも、、と、気を取り直して組み立てました。

可変翼は、固定式です。スジボリは、子供のおもちゃなので少な目です。

脚部品は付いていますが、後脚は、実機と比較するとだいぶん後ろの方に付いています。恐らく尻餅つかないような処置だと思います。

かなり、おもちゃっぽいですがトーネード(IDS)にしか見えません。
・・・当たり前か!

GWのはなし

今年はステイホームということで沢山プラモが作れるかなと思っていましたが、食玩の組み立てを3つ程(京商のフェラーリF310、FトイズのB-52H、RIZCOのF-18)しか出来ませんでした。時間があっても作れない自分が悲しいです。。。

B-52Hは昨年夏に購入し、ちゃちゃっと主要部品は取り付けたものの、そのまま放置状態でした。
やったことは、タイヤと脚部品をタッチアップし、取り付け、デカールを貼ったぐらいですが、脚の取り付けが難しく思いの外、手間取りました。デカールは、USAFの貼り位置がウォークラインの上に指示されています。文字の色もブルーで少し違和感を感じましたが、メーカーのブログを見ると説明書通りに作っていましたのでそのままにしました。
駐機状態で飾るつもりでしたがD-21Bが床に当たりダメでしたので、スタンドをつけています。

RIZCOのF-18は、もう10年以上、自分の机の棚の上に放置状態でした。
コクピットをつや消しブラックで塗り、タイヤの色が剥がれた個所をタッチアップしました。この食玩、脚格納部の組み立てが雑で、脚部品を普通に取り付けると右側が下に傾きました。色々と調整しましたがまっすぐになりませんでした。前脚の格納部品も差し込みが浅いのか、センターポットを取り付けようとすると前脚の斜めの支柱にポットが当たり、取り付け不可でした。組み立て精度の個体差があると思いますがちょっとハズレでした。でも写真を見るとカッコイイです。

Revell 1/100 BAe Harrier GR.9

レベルの1/100 ハリアーGR.9がネットで売られていたので購入してみました。

このキットは、子供向け入門キットで接着剤不要、塗装済みで簡単!?に組み立てられる、イージーキットです。
発売初期は、キャノピーは透明パーツではありませんでしたが、現在売られているキットは透明パーツとなっています。

で、組み立ててみました。1時間ぐらい要したかな。。。

スタイルは悪くないと思いますが、細かな部分は再現されていません。パネルラインは凹モールドで、少し太めです。

脚パーツは太くて頑丈そうです。脚パーツは可動式で格納できます。かなりおもちゃぽいですが。。。

棒状のパーツは脚を引き出す用の治具のようです。

1/24 スバル レオーネ エステートバン4WD

先週、本屋で初代スバル レオーネのミニカーを見つけた。

一般的なセダンでは無く、バン! エステートバンである。

なんとマニアックな車種選択なんだっーー!!

と、

思わず、心の中で叫んでしまいました。


しかしながら、お値段、本体3,703円+税370円=4,073円

こいつは、高いのか? それとも安いのか?

完成品ミニカーの購入判断するのに、中身が見えないのは非常につらい。

でも自分の好きなレオーネだ。(二代目レオーネなら即買いだったが。)

パッケージの写真を見るとそこそこデキが良さそうだ。

しかも、1/24スケール。
今後、プラモも絶対に出る訳あるまいし。。。
ましてや童友社(ヤマダ)の1/21スケールのレオーネをバンに大改造する技術と時間も無い。。。

 買おうか、止めようか、、、、、、。


と、ぐだぐだ悩みまくった結果、、、

買ってしまいました。。。

hachette 1/24 国産名車コレクション vol.84 Subaru Leone Estate Van 4WD

ドア2枚が可動ですが、隙間が狭く、開けるのは難しい。

私は、爪楊枝の先を隙間に突っ込み、何とか開けました。

組み立ては、ドアノブやテールランプのパーツの取り付けが曲がっていたり、隙間があったりと若干の不満はあるが、大量?生産品であるので、いた仕方無いか。

ボディ後部のラインは自分のイメージではもう少し丸みを帯びてもいいような気もする。

が、、これは、紛れもなくレオーネエステートバンの立体物であることには変わりはない。

レオーネ好きは是非買うべきだ!!

しかし、レオーネ好きな人ってはたして、どれぐらいいるのだろうか??

ハセガワ 1/48 F-20 TIGERSHARK “SHIN KAZAMA”

先月、ハセガワから発売された1/48スケールのF-20タイガーシャーク”風間 真”を購入しました。

中身はこんな感じ。↓

ハセガワ 1/48 F-20 タイガーシャーク”風間 真”

ハセガワには1/48スケールのF-20の金型が無いので中身は他社のものになります。

袋には「MADE IN CHINA」のシールが貼ってあり、ランナーには「FREEDOM MODELKITS」と刻印がありました。このメーカーは、1/48スケールの戦闘機を中心に製造している新しいメーカーだと思いますが、私は初めての購入になります。
パーツには繊細な筋彫りがあり、眺めていると組みたくなる衝動に駆られます。

組む暇はないですけど・・・。

それにしても他社製品を活用してまでエリア88シリーズを増やしていただけるとは有難いです。
1/48 F-20の前は、1/72 MIG-27 だったので余計に嬉しいです。

ハセガワのMIG-27、まだ現役だったんですね。。。古い製品ですけど買いました。

ハセガワ 1/72 MIG-27 “キルビック大佐”

1/48のF-20と言えば、モノグラムのものが昔からあります。

何故か持っています。
こちらは、パネルラインは浮き彫りですが、少ないパーツながら素晴らしい出来です。

放置、脱却!?

かれこれ、作業机上の引き出しにこの↓状態で2010年から9年ほど放置しておりました。。。

RIZCOのエリア88コレクション2は、2006年1月の発売のようですので購入して4.5年放置し、組み立てかけて9年放置していたことになります。。。

確か、パーツの差込みがキツかったことと、脚周りのパーツのパーティングライン消し後の再塗装がおっくうで放置していたかと思います。

最近、自分の時間の確保ができつつありますので、組んでみました。

F-8E クルセイダー ボリス機
J35 ドラケン (シン機 森林?塗装)
F-104 スターファイター (セラ機)

この食玩、デカールが封入されているものとされていないものがありましたが、デカールが見当たりません。どこに仕舞い込んだのか??
9年も経つと忘れてしまいますね・・・。

と、いうことで、素組みです。

他にも放置中の食玩とプラモが多数ありますが、少しづつ、処理するしかないですね。。。

AMT 1/25 SUBARU BRAT

このスバル ブラット(初代)は、しばらく絶版になっていましたが、今年の9月に再販されましたので購入してみました。

スバル ブラットは、北米輸出用のピックアップトラック風乗用車でレオーネがベースとなっています。(荷台にシートが2席あるので4人乗りのようです。)

実はこのAMTのブラット、2代目だと勘違いして購入してしまいました。 タミヤがRCで1/10ブラット(2代目)を発売していたので混同してしまったか!?
AMTの箱絵が正面向いていたら直ぐ判別できたと思いますが・・・。

2代目が欲しかった理由は、車の免許を取得して最初に購入(中古10年落ち)した車がスバル レオーネ(2代目)でして・・・。
いつかは、レオーネのプラモを作りたいなぁーと妄想してました。
 ちなみに自分が乗っていたレオーネは↓です。

4ドア セダン 1.8L ハードトップ4WD オートマチック

2代目レオーネといえば、ニチモからレオーネ スイングバックというのが1/18スケールで出ていました。↓

これは、丁度20年前に模型屋巡りをしたときに店頭で売れ残っていたものを見つけ、定価1,800円で入手しました。

中身はこんな感じです。
はい、、、手をつけないまま、20年間、塩漬け状態です。。。

ボディ形状、なかなかいい感じです。

でも私が乗っていたレオーネとは顔つきやボディ形状が違っています。

ニチモのボディを眺めていたらAMTの中身が気になりました。

こいつ、輸入品なのでシュリンクされています!
開封しないと買った意味がありません。(笑)

とりあえず、開封してニチモのレオーネと並べてみました。

ニチモ1/18、AMT1/25、当たり前ですがサイズが随分違います。

開封して判りましたが、AMTはエンジンが再現されているようです。びっくり!

作りたいけど手が出せないですね。。。

フジホビー 1/320 B-52F

実は数週間前からウォークライン等のマーク貼りを再開していました。
約10年放置の原因は、A-oneの転写シールで作成したシール(F-1タイヤのグッドイヤーロゴのように裏返しにして貼るタイプ)が非常に貼り難かったこともありますが、一番の原因はキット付属のスケールオーバーのデカールが剥がせなかったから。
あるサイトで「デカールはタミヤのエネメル用うすめ液で剥がせる。」と記載があったのでダメ元で試すことに。。。

マーク剥がし中

うすめ液を筆で塗ったあと、つま楊枝の先でゴシゴシやってみた。
するとデカールが脆くなったのか砕けながら剥がれました。
ただ、剥がれたのは、このデカール、貼ってから10年以上経過していたので経年劣化要因もあるかもしれません。

マーク剥がし後

主翼の国籍マークとUSAFのロゴが剥がれましたので、頑張って主翼のウォークラインを貼り込みました。

休日の合間に作業をしたので貼るのに7,8時間ぐらいかかりました。
で、国籍とUSAFのマークですが、手持ちの別売りデカールを探しましたが適当なものがありませんでしたので、 古い飛行機キットで使えるものはないかと探しましたらありました。↓

LS 1/144 F-16A

1/320のB-52Fには若干大きいようでしたがウォークラインの間に収まる大きさでしたのでこれを使用することにしました。
LSのデカール、年代物にしては意外と状態が良かったです。

貼ったあとに国籍マークの版ズレが判明しましたがそのまま貼っています。
主翼が貼れたら今度は尾翼が気になり始めたのでラインを貼ることにしました。

↑貼っている途中の写真です。
細切りしたラインを貼りたい位置に置き、綿棒などで水分を補給しつつ、擦れば貼り込み完了です。はみ出たラインはカッターで切り離します。
ラインがズレた場合はリカバーがほぼ効きませんので剥がした後、もう一度ラインを切り出し、貼り直しする必要があります。

F-52F尾翼周り

左側の水平尾翼のウォークラインも修正しました。
自分のスキルではこれぐらいが限界です。
後方のコクピットの窓枠を塗っていなかったのに気付き、この後、塗りました。

更に、垂直尾翼のラインと番号を貼りました。各所の注意書きもタミヤのデカールを縮小したものを作成していましたので貼ってみました。真っ直ぐ貼れていない箇所がありますが予備がなかったのでそのままです。。。

一応、これで完成ということにします。↓

F-52F 上面
F-52F 左側
タミヤセメントに乗せて・・・。